FC2ブログ
HOWTO日本語オンラインカジノ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニュースレター5月
2005年04月30日 (土) 22:43 | 編集
インペリアルカジノから業界情報を。

南北アメリカ:2004年と同じように、世界貿易機構(WTO)は、アメリカ政府がアンティグアに対し起こした訴訟でアンティグアを支持しました。2年間で、アンティグアを支持したのは、2度目のことになります。この問題は、アメリカ政府が、アンティグアとアメリカ合衆国に関連のゲーミング団体に法的な圧力を加えたことに始まりました。この圧力により、アンティグアは2000万米ドル以上の損失を与えられました。この結果、世界貿易機構(WTO)は、これは、不当であり、アメリカ政府は法的圧力を中止するべきだとの判決を下しました。

アジア:アジアの3600人以上のインターネットユーザーを対象にしたアンケートで、中国とマレーシアでは、インターネットショッピング人口の2倍の人がオンラインゲームを利用していることがわかりました。中国のインターネットユーザーのうち、オンラインショッピングをしている人が16%だけなのに対し、43%の人が実際オンラインゲームをプレーをしているとの結果が明らかになりました。これは、ゲーミングサイトへの信用の高さを決定付ける重要な出来事でもあります。

ヨーロッパ:今月初めにギャングリング法案が通りましたが、オンラインゲーミング業界に直接影響するような、具体的な変化はありませんでした。しかしながら、ひとつ注目すべき事柄といえば、ゲーミング税(the gaming tax)についてがあげられます。このゲーミング税のパーセンテージは、現在交渉中ですが、最新の報告によると、最低で2%、最高で15%になるであろうとのことです。おそらく、このお金は、英国をマーケットにするすべてのオペレーターに課せられるになると思われます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。